上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3年程前に友人が「もう乗らないから」と、五万円で譲ってくれたセドリックワゴン(H2年式)のクーラーが効かなくなってしまいました。

昨年の10月くらいに冷風がでなくなったのでガスを充填してみたのですが、一ヶ月もしないうちにまた冷風がでなくなったので、車屋さんに聞いてみたところ修理すると10万円くらいはかかるだろうというのです。
五万円の車に十万円は突っ込めません。
「暑くなる前に買い換えかなー」と思っていたのですが、年度末は車も多少安くなるというので思いきって買い替えました。


車を選ぶときに色々考えましたが、

1.この買い換え後は長く乗り続けるであろう
2.子供が出来たりしたときにも便利な車がよかろう
3.島に帰ったら乗れない車に乗ってみたい

などなどの理由から、最終的に「MAZDA MPV」に決定。



新型ですねん!

しかも

mpv_0022.jpg
新車ですねん!!!



別に中古車でも良かったんですが、「3.島に帰ったら乗れない車に乗ってみたい」という気持ちが強く、
・島は塩害が激しいので新車なんて勿体なくて乗れない
・一度くらいは新車を所有みたいが、それなら共働きの今しか無い
と考えて、無理に無理を重ねて新車です。

僕は高年式の中古車を買うつもりでいたので、ディーラーで実車検分とかしてから中古車屋さんをまわるつもりでディーラーに足を運んだらなんだか新車を買うことになってしまったのが実際のところですから、上記の理由は後付けです。



MPV以外にも候補はいくつもありました。
ホンダ・トヨタ・日産などなど各社まわって迷い倒しました。
マツダ車については「下取りが・・・」とか、色々外野の声も聞きました。
でも、僕らが満足していればそれでいいのです。


新型車が発表されてから三日後に購入を決意しました。
発表から一ヶ月足らずで納車しました。
まだ、街で同型車を見かけたことはありません。
これが大きなポイントです。
こんなしょうもない理由で決断しました。
ダメな夫婦ですか?


それでも、
10年落ちの10万キロ超えフォルクスワーゲン
4ナンバーの日産HOMY
16年落ちのセドワゴン

と、乗り継いできた僕にとって、MPVサイコーです。
よく走るし、よく止まる。
窓もキレイ。
車内もキレイ。
ハンドルも軽い軽い。
インテリジェントキーってなに?
バックモニターってなに?
フットサイドブレーキってどうすんの?
ナビってなんて素晴らしいだろう!




今度こそはちゃんと綺麗に乗ってあげます。
洗車もするし、メンテナンスにも気を配ります。
飲み代減らしてローンに充てます。




というわけで、乗り回したくてしょうがない今日この頃の僕ら二人。
また近いうちに嫁のお母ちゃん誘って温泉にでも出かけようと思います。
スポンサーサイト
金曜の夜から神戸を出て、嫁の実家がある岡山に。
お彼岸というやつです。
お彼岸初体験です。

が、それは置いといて。
鳥取も初体験してきました。

今回は嫁の母親を連れて温泉にでも行こうということになり、どうせなら神戸からは足を延ばし難いところにしようということで、鳥取県の「三朝温泉」(『みささ』と読む)に行きました。
日帰りの小旅行なので、昼食にどこかで美味しいもの食べて温泉浸かって帰るだけですが、お義母さんにもとても喜んでもらえたので行って良かったです。


午前中に岡山を出発して、昼過ぎに賀露(かろ)港に到着。
小さな市場のようなマーケットのようなトコロにある食堂、その名も「おいしかろ」という店の海鮮丼を頂いてから一路三朝温泉を目指します。



「おいしかろ」の海鮮丼 ¥1300くらい



お腹もいっぱいでホクホク気分のままカーナビの指示に従って進みます。
遠くの山々に残る雪景色など観ながら海沿いを走っていたのですが、しばらくすると明らかに山に向かっていることに気が付き、ちらほらと沿道の雪が目に付き始めたかと思うと、ものの三十分もしないうちに一面の雪景色に。




IMG0030.jpg




鳥取でこんなに雪が残っているところを走るハメになるなんて思いもよりませんでした。
よくよく考えてみれば、山陰地方でもまだまだオープンしているスキー場もあるわけですから、山道に雪が残っていたってなんの不思議もないはずです。
雪のない地方で生まれ育ち、雪の少ない地域で生活していると、事前にそこまで考えが及ばないんですね。勉強になりました。



まだまだお出かけ時の山越え厳禁ですね。


2006.03.14 三寒四温
ご無沙汰いたしております。
春の陽気から一気に雪降る季節に戻ってしまいましたが、皆様は体調など崩されてませんでしょうか?


公私共に若干バタバタしてまして、更新するのが億劫になってました。
お待ちになっていた皆様申し訳御座いません。今まで通りボチボチ更新再開です。


blogは書かなくても飲酒は欠かさないコウノカズトが最近呑んでいるのが、喜界島の黒糖焼酎「沙羅(喜界島酒造)」です。

喜界島には「朝日酒造」と「喜界島酒造」の二つがあり、それぞれ「朝日」と「喜界島」が主力商品だと思われます。
朝日酒造は焼酎人気の煽りを受けて「朝日」が売れるまでは、「朝日」しか作ってなかったのではないでしょうか。それが、「朝日」が島でも入手困難になりだしてから「飛乃流 朝日」「壱乃醸 朝日」を発売し、どれも結構売れているようです。

方や喜界島酒造は昔から様々な商品を販売し続けていて、10年前から神戸のチェーン居酒屋でも「おしゃれ泥棒」なる焼酎を呑むことが出来ました。
個人的な嗜好で言えば「朝日」が好きですが、新商品の開発や営業活動などの企業努力は喜界島酒造のほうが明らかに上です。



「沙羅」はそんな喜界島酒造の新商品のようです。
呑んだ感想としては、黒糖焼酎らしい味わいもしっかりとしている割にサッパリ呑めて僕は美味しいと思いました。
朝日とどちらが好きかと問われると朝日に軍配があがりますが、まだまだこの辺りでは¥4000以上することも多いので、レギュラーは値段も安い「沙羅」になることでしょう。










追記 「七夕」もまだ残ってます。念のため。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。