上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.29 疑似体験
今日は休みだったので、奥さんに連れられて自治体主催の親子学級に参加して来ました。
奥さんは昨日も参加したので二回目ですが、僕は初参加です。
「プレパパの為の話もあるから」と奥さんが言うので参加したのですが、
結果としては僕自身がとても楽しめたので参加出来て非常に良かったと思います。


まず簡単にオリエンテーションのような話が少しだけあって、
すぐに新生児のお風呂の入れ方を割とリアルに作られた人形を使った説明がされ、
その後実際にその人形を使ってプレパパ&プレママが練習。
それから妊娠中の生活についての30分程度のビデオを見て、
さらにスタッフの方からの講話。
最後に、別室で七ヶ月の子供を持つママさん教室に参加されていた方々が
赤ちゃんを連れてこちらに合流されて座談会のようなものが行われました。

特に、お風呂の練習と先輩ママさん&ベビーとの座談会は楽しかったです。
お風呂の練習は参加者が四つのテーブルに別れ、
それぞれのテーブルに一人ずつスタッフがつき
新生児のお風呂の入れ方についての説明がされた後、
人形を実際にお風呂に入れてみるのですが
重さ3キロぐらいの首が柔らかい人形を抱きかかえると
本物の赤ちゃんを手にしているようで思いのほか緊張しましたが、
他の参加者も初産の方が多かったので終止和やかな雰囲気で
とても良い練習が出来たと思います。

先輩ママさん&ベビーとの座談会も
七ヶ月のベビーと戯れながらだったので非常に楽しかったです。
我等のテーブルに来てくれたのは
首はしっかりしているけども、一人で座るには至らないベビーが二人。
それも男の子と女の子で、共にそんなに人見知りはしないベビー。
どっちも抱っこさせて貰いましたが、そのまま連れて帰りたいくらい
可愛らしいベィベーでした。


が、今回のメインイベントはお風呂教室でもなく座談会でもなく、コチラ↓

20060929220505.jpg
「いや~、最近ホント太って困ってるんですよ。
 見て下さい、このお腹。見事なビールっ腹でしょ?」




そう、「プレパパ妊婦体験」です。
これは、総重量8キロのベストみたいなモノを着て疑似妊婦体験をするというもの。
最初にこのベスト(のようなもの)を手にした時は
「おっ、意外に重いな!」くらいのものでしたが
オリエンテーションから入浴練習が終わるまでの
約一時間ほど妊夫になってみただけでも結構シンドかったです。
椅子に座ったり、下に落ちたものを拾ったり、靴を履いたりと
日常生活の意外な動きが重労働になるということを改めて思い知らされました。

嫁さんに聞くと「ちょうど8キロくらい体重が増えた」言ってましたので
ジャストナウな感じです。
たかだか一時間程体重が増えただけですので悪阻も何にもない本当の疑似体験ですが、
これに禁酒や食生活への配慮など、色んな制約を考えると素直に
「母親って凄いよな~」と思えるのでした。


ココを見ている希少な方の中にも、後々父親になられる人もいるかと思います。
そんな方々に、申し上げたい。

「自治体や病院の主催する両親学級などには、是非参加して下さい」

妊夫体験は出来なくても、自分の嫁さん以外の妊婦さんと触れあうだけでも
何かしらの得るものがあると思うのです。
夫婦間では話し合い難いことでも、教材ビデオなどを見る事によって
改めてお互いが考える契機を得ることもあるかも知れません。

偉そうにこんなことを書いては居るものの
実際に子供が産まれてみるとまったく育児に参加していない僕かも知れませんが、
今のところは育児参加する気満々です。
その心意気だけでも大事だと思うのです。


今日、他人の子と触れあって
さらに子供が産まれてくるのが楽しみになった僕は
明日から今まで以上に「良い旦那のフリをしよう」と心に誓ったのでした。
スポンサーサイト
2006.09.28 お疲れ様!
嫁さんの仕事が今日で終わりました。
と言っても、産休に入るだけですが。

これまで一緒に暮らし出してからと言うもの、
忙しい部署に配属された為に定時で帰ってくることのない生活が続いてました。
終電が無くなってタクシーで帰って来たこともありましたし、
新人研修を担当したために一週間泊まり込みで仕事していたこともありました。
稼ぎの悪い旦那を支えてくれる出来た嫁なのです。

そんな嫁も妊娠を機に勤務軽減され定時で帰って来れるようになり、
やっとのことで明日から産休に入る事が出来るのです。
奥さんとしては、ホントにやっとの思いでここまで漕ぎ着けたんだと思います。

大きなお腹を抱えて大阪まで出勤する嫁を見ているだけで心苦しいし、
悪阻も軽い方じゃなかったのも知ってます。
勤務軽減されているといっても、出勤すれば今まで通りに働かなければいけない。
それくらいは僕も解っています。
それでも、稼ぎの悪い旦那としては「もういいよ」と言えなかったのです。
ゴメンな、稼ぎが悪くて。
ゴメンな、楽させてあげられんくて(泣


奥さんへ
いままで頑張ってくれてありがとう。
出産はここからが頑張りどころだろうけど、仕事は一段落。
これからは、自分とお腹の子供のためにゆっくりしてください。
旦那は稼ぎの悪い分、手の掛からない旦那になるように頑張ります。
ほんまにお疲れ様でした~!
2006.09.25 名曲なのか?
ある休日の事。
気持ち良く晴れた午前中、鼻歌混じりにベランダに出て洗濯物を干していた時の事、すぐ近くの公園で園児達がお遊戯をしているのが目に入った。

最近は、小さい子供を見かけるとすっかりパパ目線になってしまう。
気が早いことです。

このときも、おそらくNHKの唄のお兄さんお姉さんが唄っているであろう曲に合わせて踊る子供達に目を細めていた。
音楽は途切れる事無く続き、子供達も楽しそうに踊り続けていた。「あんなに小さいのに振りを忘れる事も無く何曲も踊れるもんなんだなぁ」なんて感心していると、急に曲調がかわった。
それまでのNHK路線とは明らかに一線を画する曲に合わせて、相変わらず子供達は無邪気に踊り続けている。何かがひっかかる曲だった。耳を澄ませてみると聞き覚えのあるフレーズを繰り返している。

あっ! 一世風靡セピアの「前略,道の上より」ですやんか!!

勿論、あの振り付けのまま園児達が「ソイヤ!ソイヤ!」言うてるわけではありません。園児向けの可愛らしい振り付けになってます。

しかし、気になる。
色んな事が気になる。
誰の選曲なのか?
誰が振り付けたのか?
どこからこの音源を持ってきたのか?
先生のなかにファンがいるのかっ!?
もしや、他の幼稚園でも使われているのか?
子供達はどんな風にこの曲を認識しているだ?
この曲と勝俣州和や柳葉敏郎やゼブラーマンが結びついているのか?
などなど、とても気になってしかたがない。

子供達が喜々として踊っているのを見ていると、そんな事どもはどうでも良い気になるけれど、自分の子供がそれくらいの歳になり幼稚園で覚えた踊りを唄いながら披露してくれた時、その唄が僕らの中学や高校時代に流行った曲だったりしたらどんな気持ちになるんだろう。
しかもその曲が自分にとって微妙な曲だったりした場合はどうなんだろう。。。



そんな思いが心をよぎる秋の夜長なのでした。


isseifubi1.jpeg

2006.09.24 BGMとか
引っ越しと同時に押し入れにしまいっ放しになったCDを引っ張り出してみた。

というのも、嫁が会社の先輩宅にお宅訪問したときに先輩宅でかかっていたCDを聞いて
嫁 「あ、これ知ってますよ」
先輩「なんでこんなん知ってるの?」
嫁 「旦那が持ってて、よく聞かされました」
先輩「やっぱり、あんたら変な夫婦や」
なんて会話が交わされたと、嫁が漏らしたから。

数年前までは頻繁にCD屋さんにも足を運んでいたし、クラブイベントやライブなんかにも割と行っていたのが、何時の頃からか足が遠のき始め今では最後にCDを買ったのがいつかも思い出せない。

神戸に来てモテルためという不純な動機から洋楽なんぞを聞き始め、それ以来近しい友達に自分と趣味の合う友達が多かったというのもあって、邦楽洋楽を問わず聞き漁り、まさに「No Music No Life」な時期もあったのに、それが一体どういうワケでこうなったかはサッパリわからないが、家に居る時もほとんど音楽が流れていることもないくらい音楽に対して疎遠になってしまっていた。



引っ越しによって今まで使っていた棚の置き場がなくなり、同時にそこに収納されていたCD達も行き場を無くして押入れの奥に仕舞わざるを得ない状況になったとき、多少の心残りはあったけど仕様がないと諦めていたことが思い出されて寂しさを感じて、一枚だけ引っ張り出してみた。

そして、それをPCに読み込ませて聞いていたのだが、一度聞きはじめると次から次へと聴きたい曲が思い出されてとりとめも無くなり、ライブラリに入っている全曲をシャッフルで聞き流して日がな一日過ごしてしまった。そんなグウタラな休日を送る元凶となったのがコレ↓



「golilla by 夏木マリ」





しかし、僕ら夫婦の事を「変だ」と評した嫁の先輩。
とある服屋に行ったところ気に入った服が見つからず店を後にしたものの、店内でかかっていた曲がどうしても気になってしまい踵を返して店に戻り「今のCDは何ですか?」と訪ね、その足でCDを買いに向かったというのだから、人の事は言えないんじゃないかと。

ちなみに、僕がこのCDを買ったのは友達の車でかかっていたから。その後調べてみるとピチカートの小西さんプロデュースだと判明し、これなら買っても失敗は無いんじゃないかと判断出来たから。
最近は、そういった音楽の話をする友達もめっきり付き合いが減ってきた。
こうやって若い頃思っていた「ツマランおっさん」になって行くのかもなぁと、ちょっと心配になった三十歳の秋なのでした。。。
2006.09.14 またもや
更新が滞ってしまった。。。

その間別に忙しかったワケでもなく、ネタが無かったワケでもなく、ただ書くのが面倒だっただけ。
万事こんな調子だから、痩せないし、三味線も弾けるようにならないし、大学卒業に八年もかかったんだ。
イカンイカン。




と言ったところで、今日は大したネタもないのでこの辺で。




おまけ

imachoken.jpg
いつか長崎行くからなー!

先日NHKの料理番組で紹介されていた料理を嫁さんが作ってくれました。
アンチョビとカマンベールとトマトを和えたパスタです。

パスタを食べ終わってからも、余ったカマンベールとサラダ用に買っていた生ハムをアテに独り呑み続けます。
妊娠中なのでアルコールを我慢している嫁さんを横目に呑み続けます。

悪い旦那です。

分かっていてもヤメラレマセン。
あ~、幸せ。。。





2006.09.01 取りあえず
今日から九月。
神戸では一昨日に降った雨が暑気を払ったのか、日中の日差しはまだ夏らしさを残しているものの早くも秋を雰囲気を感じさせる風が吹いている。

今年は嫁さんが妊娠中ということもあって夏らしいイベントに何も参加していないせいなのか、梅雨が長かったせいなのか、今までになく夏が短い。
というよりも、あまりに夏を感じられなかった。



そんな夏を惜しむ季節に入った今日は仕事が休み。
免許証の住所を書き換えに行ったり(やっと)、コンタクトを買いに行ったりしてから、まだ時間がたっぷりあったので嫁ローとGBのオイル交換なんぞしようと思い立ち、ついでにGBのクラッチ&ブレーキレバーも交換することに。







レバーの交換はあっという間に終わり、ちょこっと試乗に出掛けました。


実は、新居にGBを持って来たときからバッテリーがあがったままなのですが、GBはセルしかありませんから押しがけしながらの試乗です。
セルが回らないほかにも、ヘッドライトも行灯並みだし、ウィンカーも点滅しません。
といっても、アクセルを煽らずにアイドリングしたままでヘッドライトを点灯するとウィンカーが出ます。走行中も同様にエンジンの回転が落ちるとウィンカーが点滅します。これはどういうことなんでしょう。これを直すにはどうしたら良いのでしょうか?
バッテリーが一番疑わしいのは間違いないのですが、何か他にも悪いところがありそうで不安になります。

取りあえずは安いバッテリーを買って交換し、それで直ればヨシ。ダメなら次の手を考えようと思っています。
まずバッテリー、次にチェンジ、あとはハンドルとヘッドライト周りの配線、破れまくってるシート。これくらいでちゃんと乗れるようになる予定です。
あまりお金をかけず、頑張って手間暇かけていこうと思います。


オレに出来るかなぁ・・・。



... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。