上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.18 まさんば!
邦題)美味しいんだもん!





買い物に立ち寄った複合商業施設で、そのつもりは無かったのにハナサが
「あのお店行きたい」と言うので時々ご飯を食べに行くキャフェーへ。
















我が家のように寛ぐ。















P9132432b.jpg
我が家よりも寛ぐ。















P9132439b.jpg
ピタサンドに初挑戦。















P9132440b.jpg
気に入ったらしい。














が、それ以上にこのキャフェーのピザには




















P9132444b.jpg
目がない。なんちゃって。








スポンサーサイト
2009.09.14 まやー
邦題)ねこ(グルーとも言う)




ある秋晴れの朝、「ふふふ~ん」と洗濯物なんぞ干していると何となく気配を感じた。











P9112367b.jpg
野良子猫。















P9112364b.jpg
さぞ気持ち良いことでしょう。














P9112365b.jpg
悪さしなければ可愛いと素直に思えるんだけどな~。














P9112366b.jpg
でも、もう騙されへんで!!







車の周辺に猫除け撒かな・・・。




2009.09.13 心の余裕








朝食前に遊ぶハナサ















P9132390b.jpg
「何してんの?」と尋ねると















P9132414b.jpg
「エルモをな、お風呂入れてんねん」と。













P9132411b.jpg
はち切れそうな段ボールに、お風呂遊び終了。









『段ボールがはち切れて後頭部を痛打→号泣』なんてストーリーが頭に浮かぶも、
段ボールの変形に気付いたハナサはビビって退散。
慎重派の子供を持つと、ネタも捏造してやろうかと思うくらい何にも起こりません。




そんなことよりも。
これは今朝の出来事、つまり休日の朝。
だからこそ、悠長に写真なんて撮っていられるわけだ。

もしこれが平日の朝だったなら?
写真まで撮らないにしても、怒らずに笑っていられたか?
「朝だから時間がない」なんて親の勝手で怒鳴ったりしていないか?

反省しきり。
子は何も悪くない。
朝だから時間がないんじゃない。
起きるのが遅いから時間がないだけ。
早起きすればいい。
どこをどう解釈しても親の勝手。我が儘。












明日は月曜日。
週の始まりから親のだらしなさで子に嫌な思いをさせることはない。
酔っぱらった深夜に独りPCに向かうと良い父親になれるのは何故か?
酔っているからだ。
サイテーだ。





よし。そろそろ寝よう。


2009.09.08 しゃー。 2
似たような格好してますが別の日です。









P8292098b.jpg
もう余裕。














P8292122b.jpg
こんなになっても嬉々として遊んでます。















P8292117b.jpg
ジャ~ンプ!














P8292129b.jpg
変な顔でも ジャ~ンプ!















P8292137b.jpg
着地!














P8292138b.jpg
出来ず!







2009.09.07 しゃー。

最近少しずつアクティブになってきたハナサ。
自分から「公園行きたい」と言い出したりするようになりました。

で、保育園帰り時間があったので最寄りの公園でひと遊び。






P8271980b.jpg
低い滑り台は余裕なので
















こっちに挑戦。














P8272004b.jpg
シャー!な顔。















P8272009b.jpg
まだ、シャー!な顔。















P8272014b.jpg
シャー!だけどちょっと笑顔。















P8272025b.jpg
やっと笑顔。





2009.09.04 はまち かえん
邦題)頭使って














P8292150b.jpg








帰省ネタもおわりましたので、またいつもの親バカ写真です。




皆さんご存知かと思いますが、我が家のハナサは鈍クサイのです。
ところが、そーとー低い滑り台じゃないと独りで滑る事ができなかったハナサが
小学校にあって然るべきサイズの滑り台で遊ぶ事ができるようになったのです!
喜界島から帰ってきて、久しぶりに公園に遊びにいくと滑れるようになってました。


彼女なりに何かを掴んで帰ってきたのかも知れません。

父は感無量です。
ちょっとだけ「ウルッ」てなってしまいました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。