上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金曜の夜から神戸を出て、嫁の実家がある岡山に。
お彼岸というやつです。
お彼岸初体験です。

が、それは置いといて。
鳥取も初体験してきました。

今回は嫁の母親を連れて温泉にでも行こうということになり、どうせなら神戸からは足を延ばし難いところにしようということで、鳥取県の「三朝温泉」(『みささ』と読む)に行きました。
日帰りの小旅行なので、昼食にどこかで美味しいもの食べて温泉浸かって帰るだけですが、お義母さんにもとても喜んでもらえたので行って良かったです。


午前中に岡山を出発して、昼過ぎに賀露(かろ)港に到着。
小さな市場のようなマーケットのようなトコロにある食堂、その名も「おいしかろ」という店の海鮮丼を頂いてから一路三朝温泉を目指します。



「おいしかろ」の海鮮丼 ¥1300くらい



お腹もいっぱいでホクホク気分のままカーナビの指示に従って進みます。
遠くの山々に残る雪景色など観ながら海沿いを走っていたのですが、しばらくすると明らかに山に向かっていることに気が付き、ちらほらと沿道の雪が目に付き始めたかと思うと、ものの三十分もしないうちに一面の雪景色に。




IMG0030.jpg




鳥取でこんなに雪が残っているところを走るハメになるなんて思いもよりませんでした。
よくよく考えてみれば、山陰地方でもまだまだオープンしているスキー場もあるわけですから、山道に雪が残っていたってなんの不思議もないはずです。
雪のない地方で生まれ育ち、雪の少ない地域で生活していると、事前にそこまで考えが及ばないんですね。勉強になりました。



まだまだお出かけ時の山越え厳禁ですね。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://santari.blog13.fc2.com/tb.php/139-205b4ef1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。