上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日書いたように社宅への引っ越しが決定しましたが、諸事情により七月いっぱいかけて引っ越しすればよいのでまだ一ヶ月の余裕があります。とはいえ、何事も後手後手になりがちな僕達は今から引っ越し準備の段取りくらいは始めなければ到底八月から入居することが出来そうにないので、仕事の嫁さんは抜きに一人で購入予定の家具などの下見に出掛けました。



家電同様に家具もお互いが一人暮らしをしていた時に使っていたモノを持ち寄り、足りないものを買い足して生活していたので何かと不便を感じていたし、現在の家が収納スペースに恵まれているため、新居に移った時に収納場所がないモノ達が多い。
出来るだけお金はかけたくないけれど、必要なものは買わざるを得ない。

そのなかでも、靴・洋服・食器は新居に移ると収納場所が無い。
普通の賃貸マンションなどだと、玄関脇に大きさの差こそあれ下駄箱があるものだが、社宅には何もない。
洋服も押入れしかないので吊るすための何かが必要。
昭和の臭いがするキッチンも、明らかに収納スペースが足りていない。
どれも買うとなるとお値段の張るものばかり。かといって、無ければたちまち困ってしまう。本当に困ったもんです。


「ホールセンターコーナン」や「お値段以上ニトリ」に足を運んでみましたが思ったようなモノが無く、食器棚・下駄箱・ワードローブのいづれにしても「ナフコ」の品揃えが一番選択肢が多そうでした。今回は一人で下見してきただけなので、もう一度嫁を連れて見に行かなければなりませんが、どなたか他にも「ココも見に行ったほうがイイよ」という店があれば教えて下さい。
勿論、嫁と見に行く前にネットでも少し探してみようと思うのですが、欲しいものに限ってネットで探すとイイ物を見つけることが出来ません。きっと探し方が下手なんだと思いますが、もうかれこれ七年くらいはネットに触れているのに未だにネットでの上手な買い物が出来ないのは何故なんでしょう・・・?




また、今回家具と一緒に畳も探してみました。
というのも、新居の畳は長年使い込まれたもので、敷金や礼金が必要無い分を畳の交換にまわすくらいの事はしてもいいのではないかと考えたからです。
ところが、畳が意外に高い。一枚一万円前後するのです。新居はキッチン以外は和室なので、畳が全部で18枚。そんなに換えられません。なので、おそらく収納部屋になってしまうであろう三畳間の畳はそのままに、残りの12枚を何とかしようということに。

ネットで調べてみると、新畳に交換する以外にも「表替え」というのがあることが判明。
「表替え」とはその名の通り畳表と「へり」だけを交換するもので、新畳にするよりはるかに安価ですみます。さらに、「裏返し」というのもあるようです。

灘区内にHPを持つお店を見つけたのですがそのHPによると、

『5,000円以下(格安品)中国産畳表は主に賃貸用に使用されています。
コンテナ船に乗ってやって来る中国産畳表は、カビ発生防止の為、色んな薬品処理が施されている畳表もあるようです。
健康安全優先の当店としては、お勧め出来ません。』

とのこと。ネットで「新畳一枚¥4500」などのお店もあったので出来るだけ安いモノをと考えていたのですが、新生児を抱えることになる我が家ではその辺りは再考の余地ありです。



結局、何も決まらず悪戯に時間を浪費した感が否めない一日でしたが、とりあえず引っ越しに向けて行動を開始出来たことは自分を評価したいと思います。
しかし引っ越しのためにやるべきことはほかにも山積み。
次回の休みには、畳の問題くらいは片付けられるよう頑張らなければ!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://santari.blog13.fc2.com/tb.php/156-c37a3368
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。