上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
邦題)嬉しいね~!



昨日は、嫁からの電話で起こされました。
仕事が遅番で昼からの出勤だったので、惰眠を貪っておりますと「おしるしきたよ」と電話で告げられました。携帯を見てみると七時前にはその旨のメールが入っていました。


それはちょっとマズイんじゃなかろうかと、この時点では思っていました。

というのも、遅番というのは担当が一人だけなんです。ですから、誰も僕の代わりに仕事をしてくれる人はいないので、こんな状況であっても出勤しなければなりません。そして、仕事の性質上、どんなに頑張っても仕事が終わるのは8時が限界。そこからどんなに急いでも岡山まで二時間はかかるだろうから、病院に着くのは十時を超えるでしょう。
これでは、間に合わないんじゃないかと思ったのです。
「おしるし」から出産までの時間も人それぞれですし、初産なら尚のこと時間がかかることも充分考えられますから、ぼくは出来るだけ早く病院に着くように頑張るしかありません。並々ならぬ気合いとともに出勤。


夕方六時過ぎにメールが入ります。
「陣痛の間隔が短くなってきたから病院行きます」
気持ちは焦るばかりですが、どうやったって早く仕事が終わるわけではないので、じっと我慢の子です。
頑張ったかいあって、いつもよりは早く仕事を終えることが出来、九時前にやっと神戸を出発。ここで事故っては天下一の大馬鹿者と自分に良い聞かせながらハヤル気持ちを抑えつつ一路岡山へ。


日頃の行いのおかげか、どこの道もスムーズに流れ予定通りの時間に産院に到着。
その時、嫁は既に分娩室に入っており、僕が分娩室の前に着くと看護士さんの
「やっぱり間に合うんだね~。お父さん待ってたんだね」の言葉にまだ産まれていないことを知る。
嫁が分娩室に入ってから結構な時間が経っていたようでしたが、看護士さんが「一言声をかけてあげて下さい」(立ち会いではなかったので)と分娩室に招いてくれて、まさに産まんとしている嫁の顔を見ることが出来ましたが、気の利いた言葉も言えず、ただ頑張れと伝えてスゴスゴ退散。


それから三十分も経った頃だったでしょうか。
アコーディオンカーテン一枚で目隠しされた分娩室前のベンチで待っていると、中の助産師さん達の声が大きくなりはじめ、「頭は全部でましたよ!」という会話が聞こえたのとほぼ同時に産声があがりました。
あとで聞いたところによると、まだ身体半分残った状態で早くも泣き出したんだそうです。なんともお転婆さんな予感です。



なにはともあれ、母子ともに無事に出産を終えることが出来たことに感謝です。
ご心配おかけしたり、応援していただいた皆さん、本当にありがとうございました。
嫁と子供はしばらくの間岡山の嫁の実家にお世話になりますが、神戸に戻ってきた時には是非顔を見に来てやってください。




06-12-04_16-25~00.jpg
今日のハナサ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://santari.blog13.fc2.com/tb.php/195-cf1e7cef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。