上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.08.01 方言メモ3
さてさて、ほんまに暑いですねぇ~。
こんな日は軽く泳いでビールなんてのが最高なんでしょうが、一番近い須磨で泳ぐ気にはなれないし、かといって遠くまで出掛けて海に入るのも面倒くさい、そんな理由でもう何年も海に行ってませんが、最近は海に行かない理由がもう一つ出来ました。それは「オナカ」で御座います。
十年間で10kgの馬体重増。これでは人様の前で裸体を晒すワケにはいきません。断固お断りです。


はい、本題です。
最近、ちょこちょことサンシンの個人練習を始めたワタクシですが、物心ついてからずーーーっと気になっていたことがあります。それは島唄の歌詞です。
もともと島唄は即興で唄われたモノが現在まで歌い継がれて残っているものが多く、決まった作詞者がいない唄が殆どです。よって、昔の唄者達は口伝というか聞き覚えでしたから、間違って覚えたり、即興でアレンジしたりしているうちに各シマ(集落)ごとや唄者ごとに歌詞や唄い方が違ったりします。最近(いつ頃からかは知りませんが)は、有名唄者が音源を残したりしているのでそのレコードなどを聞いて歌詞を覚えたりしているせいか各唄ごとの歌詞が統一されつつあるようです。で、そのレコードを残すほどの有名唄者達は圧倒的に奄美大島出身者が多いので、自然と歌詞も大島の方言で唄われているのです。

英語の唄を英語で唄うのと同じで大島方言の唄は大島方言で唄っていいと思うのですが、同じ「朝花節」でも大島方言のそれとは別にそれぞれの島の方言で唄われた唄が存在してもいいと思うのです。
例えば喜界島の方言と大島の方言とでは「喜界島方言」と「鹿児島方言」ほどの違いはありませんから、「行きゅんにゃかな(節)」の歌詞などは

「わきゃくとぅ 忘りてぃ 行きゅんにゃかな」(大島)
「わちゃくとぅ 忘りてぃ 行きゅんにゃかな」(喜界)

と、それぞれあってもイイと思うワケです。
ところが、完全どぅかってぃ流(自分勝手流)の我が亡父にしても喜界島方言でなく大島方言の「わきゃくとぅ」と唄うのです。
これはやはり英語の歌と同様、「大島の唄」だと捉えていたのでしょうか?


それに関連して一つ懸念していることがあります。「大島方言シマウタの他島の若手唄者への影響」です。
若手唄者の台頭が目覚ましい昨今にあって、大島以外の奄美諸島でも若手唄者の育成に余念がないようですし、実際に多くの唄者が育っているようです。ですが、やはり人口的な関係と立地条件もあってか活躍している若手唄者は大島出身が大半を占めています。そんな島唄世界で大島以外の唄者が競演する場合はどうしても大島色の強い影響を受けるのではないかと思うのです。

現在の各島の状況からいって日常生活でシマの方言を使う若者は稀です。聞き取る事は出来ても話す事が出来ない若者が殆どです。若手唄者達も例外ではありません。
そんな若者である若手唄者の発声する方言が島唄だけであるとすれば、声に出さないドゥナァシマ(自分達のシマ)の方言ではなく、声に出す大島方言の影響をより強く受けてしまうのではないかと、全く持って独り善がりな妄想が膨らんでいるのです。
関東や関西でも奄美民謡教室に通い島唄を学んでいる奄美人二世三世がいます。これらの人達は師匠の唄う島唄が、師匠の話す島方言が手本になりますから、師匠のシマの方言を覚えるのは致し方ありません。それが大抵の場合は大島出身の師匠であり、大島方言なのです。
頭ではそれも仕方ないことだと分かっていても、奄美でもマイノリティーな喜界島人としてはやはり悲しいのです。

注)もしかしたら、喜界島でも北の方の集落では「わちゃ」ではなく「わきゃ」を使うかもしれません・・・。


◎メモ

ワン      →私
ワンナー    →私達
ワチャ     →私達の(ワンナーとの使い分けは不明。Feeringでお願いします)
ダー      →あなた(集落によっては「ウラー」もあり)
ダンナー    →あなた達(ウラーターになるのかな???)
ナーメー    →丁寧なあなた
ナーメーター  →丁寧なあなた達(多分「ター」で複数形のはず)
ナァチャー   →あなた達の(ダンナーとの使い分け・・以下略)
ナァチャ    →明後日
インガ     →男性
インガンカ   →男の子供
インガー    →犬
インガンカー  →小さな犬。(愛らしさを込めての)犬。
ボー      →男の子
ボンカー    →小さい男の子
ウナウ(unow) →女性
マリー     →女の子
マリンカー   →小さい女の子
マリ      →お尻
ウットゥ    →夫
トゥジ     →妻
トゥジトゥ   →夫婦
アジー     →父親。おじさん。祖父、おじいちゃん。(よく分からないので調べておきます)
ヤッキー    →丁寧なおじいちゃん。(自信無い)
アンマー    →母親。おばさん。祖母、おばあちゃん。(自信無い)
アニィ     →丁寧なおばあちゃん。(これも自信無し)
ショーデー   →兄弟姉妹
ハロージー   →親戚(「ファロージー」の集落あり)
ウヤフジ   、?汗菫塚




05-03-25_14-10.jpg

「ミッチャルー」
小魚を捕る時に使う草。
大島紬の織り手さんのblog発見。オレも大島紬欲しい!!
こちらからどうぞ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://santari.blog13.fc2.com/tb.php/33-511ec7df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。